ホンマでっか!?【最新ダイエット】痩せホルモン(GLP-1)を出す食べ物とデブホルモンが出ちゃう行動とは?

アフィリエイト広告を利用しています。

【最新のダイエットはホルモンが重要?!】

痩せホルモンの中でも今話題になっているというのがGLP-1というホルモンです。

食べることで小腸から分泌されて、血糖値を一定に保とうとするもので、食事をしっかり食べる人でもスリムな体形を維持できるという、夢のようなホルモンがあるのです。

 

 

記事の内容

 

GLP-1が分泌されると、食事がゆっくり腸を通過していくことで満腹感が得られます。

それによってちゃんと脳が食欲を抑制するのです。さらに、脂肪分解や脂肪燃焼効果が高まるという働きもあるのです。

なのでGLP-1が分泌されていると、食べても痩せやすい身体になるのです。

 

痩せホルモンは分泌のされ方は個人差がありますが、このGLP-1は分泌されると体内で分解されやすく残りにくいと言われています。

この痩せホルモンがせっかく分泌されても、すぐに分解されて数分程度で半分の量になってしまうのです。

 

それを防ぐためには、腸内細菌を使ってジワジワと刺激するのが重要なポイントです。

 

【痩せホルモンを増やす食べ物とは?】

痩せホルモンを増やすためにおすすめなもの。それは〖ネバネバ食材〗でこのネバネバが腸内細菌エサになる食物繊維なのです。これを食べることでGLP-1が刺激されます。

 

〖痩せホルモン丼の具材〗

納豆・めかぶ・海藻類・モロヘイヤ・オクラ・山芋・とろろ昆布・アボカド・発酵食品のキムチこれで最強の痩せホルモン丼が完成です!

 

イメージ画像:

 

次は、脂が乗った青魚です。

青魚に含まれるDHA・EPAを摂取することで痩せホルモン(GLP-1)が出やすくなります。この青魚はサンマイワシアジなどです。脂が多いとカロリーを気にする人もいますが天然の脂が乗った青魚が効果的です。

 

そして、朝ごはんを早めに食べるというのも(痩せホルモン)GLP-1の1日の分泌量の総量を上げることができるのです。

実は空腹時間が長いと、GLP-1は下がってしまうのです。

なので、寝てる時間はどんどんGLP-1が下がっている状態になっているので、なるべく朝ごはんを早めに摂ることによってGLP-1をまずは上げることが必要です。

なので、ダイエットしている場合でも朝昼晩と3食摂ることが痩せホルモンにとっては大事なのです。

 

ある調査では、食事をする前に完食するイメージをしてもらったら、食べる量がイメージをしていなかった時と比べて2割減ったというデータもあります。

食べる前に"もう全部食べたぁ~!”と想像するだけで食事の量を減らせると言うのです。

これは本当に効果があるのですが、意志が強い人であれば上手くいく方法でもあります。この方法の上手くいくポイントとしては、ちゃんと食べていることをイメージして、ただお腹が満たされることを想像するのではなく美味しかったぁ!

と満足感を得られるイメージをすることが大事になります。

 

 

【太ってしまう人の理由とは?】

・外発反応性

料理の見た目や香りや、一緒に食事をしている人の体型で食欲が刺激されてしまうことを言います。

目の前でふくよかな人がバクバク食べているのを見るだけで“ここまで食べても大丈夫なんだ!”と思い込んでしまい、いままでよりも食べる量が増えるという結果があるのです。

 

実際に急激に太った人の中には、友人が凄く太っていたり、付き合った相手が太っていることがあるようです。

 

 

・幼少期に太っていた

小さい時に太っていた場合、脂肪細胞の数が増えてしまいます。

なので、子供がいる人はなるべく太らせないことが子供が大人になって太らない方法でもあります。

幼少期に脂肪細胞を増やさないことが、大人になって太らなくなる理由でもあります。

 

【痩せやすい人の特徴とは?】

・イライラしがちな人

痩せる脳内物質が出やすいと言われています。戦う物質と言われるノルアドレナリンがあるのですが、これは燃焼させるものなので普段からカっ!となりがちな人の場合は実は脂肪も一緒に燃えていると言います。

 

 

逆に温厚な人が太りやすいのは、そのせいでもあるのです。

 

【デブホルモンが出る人とは?】

いままでは痩せホルモンについて話してきましたが、逆に太ってしまうデブホルモンもあるのです。

例えば、男性の場合は日光に浴びるとデブホルモンが出て体重が増えてしまうのです。

これはマウスの実験でもあるように、10日間紫外線を当て続けた場合に皮膚が刺激されてデブホルモンであるグレリンが上昇したのです。

 

それによって食べる量が増えて、オスだけが体重が増えていったのです。

なぜメスには効果がなかったかというと、エストロゲンという女性ホルモンが日光によって得られた刺激を抑えたのです。

つまり、デブホルモンであるグレリンを抑える効果があったのです。

なので、男性だけが紫外線の刺激によって太ってしまうということなのです。

 

もう1つ、太ってしまう人の理由としては男性がパートナーと安定した生活している場合、男性ホルモンであるテストステロンが3割ほど減っていたという結果になりました。

すると、脂肪の燃焼がしにくくなり体つきも丸くなって太ったのです。

では、パートナーと安定した生活をすることがいかにも太ると言っているように聞こえるかもしれませんが、これは実は親になる準備を始めるからではないか?とも言われています。

 

男性ホルモンであるテストステロンが下がることで男は他の女性に興味が下がるという意味もあります。

パートナーと安定した生活をおくることで、テストステロン値が上がったら夫婦生活が上手くいかなくなるからでしょう。

そして、父親になるために準備することでプロラクチンという母性ホルモンが分泌されて、男性にも母性が生まれるのです。

 

なので、結婚した男性が太るというのは決して悪いことではないのです。

これが幸せ太りと言われる理由でもあるのです。

 

 

【睡眠不足になると、太りやすくなる?】

睡眠時間4時間の人と10時間の人を比較した際に4時間の睡眠の人は起きた後、もの凄く甘いものを欲しがったという調査結果がありました。

睡眠時間が短いことで、たくさん食べてしまうのではなく甘いものを欲しがることで太ってしまうのも理由の1つでしょう。

 

 

そして、1日4時間睡眠を2日間続けるだけでデブホルモンが28%も増えることが分かったのです。

さらに痩せホルモンは18%も減ってしまうのです。しかも、食事の摂取量が1日当たり350Kcal~500Kcalも増えてしまうのです。

寝不足によって体重が増えるのは、こういった原因があったのです。

 

これは子供にも当てはまることで、1日1時間だけ睡眠時間を多くとると肥満率が9%下がったというデータもあります。

 

【痩せやすい身体にするには?】

・質の良い睡眠をとる

まずは睡眠時間をキチンと確保することが大事です。

そのためには、ただ睡眠時間を長くすればよいのではないのです。睡眠時間が長い人の中には、睡眠の質が悪い場合があるのです。

快眠ホルモンと呼ばれるメラトニンという物質があるのですが、このメラトニンが出にくい人は10時間くらい寝ないといけなくなってきます。

まずは質の良い睡眠を心がけましょう。

 

それが分からない…という人のために快眠ホルモンと呼ばれるメラトニンを出す方法があるのです!

 

それは、寝る時に重い毛布を掛けて寝るという方法です。これでメラトニンが増加して、結果として痩せホルモンも出てくるのです。

 

 

では重い毛布とはどのくらいの重さかと言うと、体重の2.4%(体重が50キロの場合、1,2キロの毛布)ということになります。

ですが、体重の12.4%(体重が50キロの場合、6,2キロ)の毛布を掛けた場合と比較すると、重たい毛布のほうがメラトニンの分泌量が32%も高かったのです。

(※20代の方の調査結果です)

 

 

●様々な商品を徹底に検証し、その製品の情報をお届けする『テストするモノ批評誌 MONOQLO』で、ベスト・バイに選ばれたダイエットサプリを紹介します♪

管理栄養士の松下眞子さん最押し♪

 

●フジフィルム メタバリア プレミアムEX

機能性関与成分として主に「サラシノール」を配合する富士フィルムの製品は、約10種類くらいの人気のダイエットサプリの中で唯一、臨床試験データがあるため雑誌MONOQLOでベスト・バイに輝きました。

(サラシノールとは、食事から摂った糖の吸収を抑える働きがあるほか、飲み続けることで腸内環境を整える作用が報告されています。)

 

Amazonで見る

楽天で見る

 

 

・ツボを押して痩せる

痩せる方法として、足のツボを刺激する方法というのもあります。

 

小腸のツボを押した時に硬い人は、痩せホルモンが足りないそうです。

両足にこのツボがあるそうなので、ぜひ試してみてください。

 

・恋愛をすると太りにくくなる

恋愛をしている人は、デブホルモンが出にくくなります。

恋愛ホルモンのPEAが関係していて、このPEAは恋愛している時や好きな相手を想うことで食事が喉を通らないということがありますが、それがこのPEAの仕業で食欲が落ちるのです。

 

恋愛をしていなくても、推しがいる人なら効果があるようです。

なぜなら、先ほども話したように幸せな関係になるほどデブホルモンが増える状態になるからです。

なので、片想いが長く続いているような状態が自然と食欲を減らしてくれるということです。

 

ただ、推しがいるのにふくよかな人もいます。これは、あまりにも満たされない想いが強くてそれが食欲に向いてしまった可能性もあります…

 

※こちらの記事はホンマでっか!?TVを参考に書いています。

 

関連記事:

 beatnix0001.hatenablog.com