産後の骨盤矯正は いつから始めるの?骨盤ケア・ストレッチ方法 おすすめグッズ♪

アフィリエイト広告を利用しています。

出産後の骨盤のゆがみや体形の変化の悩み

妊娠と出産の過程で、女性の骨盤は大きな変化を経験します。

妊娠中にホルモンの影響で骨盤が広がり、出産時にも骨盤は

大きく開かれることがあります。

これにより、正しい位置に戻らない場合があります。

骨盤が正しい位置に戻らないと、姿勢が乱れたり

腰痛や膝痛、肩こりなどの身体の不調が生じる可能性が

あります。

骨盤の不安定性は全体の身体バランスに影響を与え

様々な症状が引き起こされることがあるのです。

記事の内容

 

【骨盤矯正は産後何か月から始めるの?】

・産後すぐから数週間

出産直後から数週間は、特に体力の回復や安静が必要な

場合があります。この期間は主に安静に過ごし、

ゆっくりとした運動や軽いストレッチから始める

ことが一般的です。

・産後6週間の健康診断後

通常、産後6週間の健康診断(アフターケア)を

受けた後に、医師から運動や骨盤矯正の許可が出る

ことがあります。この時期には、体調や傷の回復状況

によって個々の適切なプランが立てられます。

・産後1か月から2か月

一般的には、産後1~2か月から本格的な骨盤矯正を

開始することがあります。この時期には、体力の回復が進み、

骨盤周りの筋肉や靭帯が安定してくるため、より効果的な

アプローチが可能となります。

・医師や専門家の指導を重視

どの時期からでも、医師や骨盤矯正を行う専門家の

指導を受けながら進めることが大切です。個々の状態や

出産の経過によっては、遅めに始める場合もあります。

 

【産後・子育て世代の体型の悩みとは?】

1・妊娠後の体型変化

妊娠中、体重が増加し、おなかやヒップ、バストなどが

変化します。これらの変化が産後も残り、元の体型に戻る

ことが難しく感じられることがあります。

2・妊娠線やストレッチマーク

妊娠中に肌の伸び縮みが起こり、妊娠線やストレッチマークが

できることがあります。これが気になることが悩みの一因です。

3・運動や時間の制約

子育てに忙しくなると、自分自身の運動やフィットネスに

時間を取ることが難しくなることがあります。

これが体型の維持や改善に影響を与えることが悩みの

要因となります。

4・自己イメージの変化

産後や子育て中に、自分の体型や外見に対する自己

イメージが変化することがあります。これが悩みの

一要因となります。

 

【妊活・妊娠中の方へ!】

200人の女性の声から生まれた、赤ちゃんのための

葉酸サプリ!👇

妊活から必要な40種類以上の栄養成分を配合

赤ちゃんの未来とママの健康のために。

ママニック葉酸サプリ 

【産後に骨盤矯正が必要な理由とは?】

産後骨盤矯正が必要とされる理由はいくつかあります。

妊娠と出産の過程で女性の身体は大きな変化を経験し、

特に骨盤はその影響を受けます。

以下は、産後骨盤矯正が必要とされる主な理由です

 

1・骨盤の拡張

妊娠中、ホルモンの影響により骨盤が拡張します。

特に分娩時には、骨盤が十分に広がって赤ちゃんの通過を

助けます。しかし、これが適切に戻らないと、骨盤の

不安定性や歪みが残りやすくなります。

2・筋肉と靭帯の緩み

妊娠中、骨盤周囲の筋肉や靭帯が緩むことがあります。

これにより、骨盤が正しい位置に戻りにくくなります。

特に分娩時には、これらの組織がさらに緩むことが

起こります。

3・姿勢の変化

妊娠中の重心の変化や、分娩中の体位の変化が、

産後の姿勢に影響を与えます。

正しい骨盤の位置が維持されないと、姿勢が崩れ

腰痛や他の身体の不調が生じる可能性があります。

4・内臓の位置の変化

妊娠中、子宮や臓器が圧迫されることで内臓の位置が

変化します。正しい骨盤の位置に戻さないと、内臓の

サポートが不足し、様々な問題が生じる可能性が

あります。

5・腰痛や骨盤痛の緩和

産後、腰痛や骨盤痛が残ることがあります。骨盤の矯正を

行うことで、これらの症状が緩和される場合があります。

6・運動機能の回復

正しい骨盤の位置に戻すことは、運動機能の回復にも

寄与します。特に骨盤底筋や周囲の筋肉の強化が、

体のバランスや安定性を向上させます。

 

これらの理由から、産後骨盤矯正は、身体の不調を軽減し、

将来の健康リスクを予防するために重要とされています。

骨盤矯正は、専門の医療プロフェッショナルや鍼灸師

理学療法士などが提供する施術やエクササイズを含む

総合的なアプローチで行われることがあります。

個々の状況に応じて、適切なケアやトリートメントを

提供することが重要です。

 

【産後の骨盤ケアとストレッチを教えて】

産後の骨盤ケアやストレッチは、妊娠と出産の影響から
身体を回復し、骨盤の安定性を取り戻すのに役立ちます。
ただし、具体的なケアやストレッチを始める前に、
医師や専門の医療プロフェッショナルに相談することが
重要です。以下は、一般的な産後の骨盤ケアと
ストレッチのアイディアです・骨盤底筋のトレーニン
膣圧法(ケーゲル運動)骨盤底筋を強化するために、
膣圧法(ケーゲル運動)が効果的です。
これは、骨盤底筋を締めてゆるめる運動です。
椅子に座って骨盤底筋を締め、5秒キープしてからゆるめる。
これを10回繰り返し、1日に数回行います。

参考:骨盤底筋を鍛える、ケーゲル体操の効果とやり方

・浅い腰屈筋のストレッチ
床に座り、片膝を曲げて外側に開きます。もう一方の
脚は伸ばし、床につけます。骨盤が開いた状態で、
片方の手を伸ばし、反対の脚の外側に触れる
ようにします。
同じ側の腕を上に伸ばし、反対の側に身体を傾けます。
各側で15~30秒キープし、反対側も同様に行います。
・骨盤の広がりを緩和するストレッチ
仰向けに寝て、膝を曲げて足を床につけます。膝を外側に
落とし、床につけた足をくっつけないようにします。
この状態で数分間リラックスしてキープします。
・腰回りのストレッチ
床に座り、片膝を曲げて外側に開きます。もう一方の
脚は伸ばし、内側に折り曲げます。上半身を曲げて、
曲げた側の脚の方に向かせます。各側で15~30秒キープし、
反対側も同様に行います。
 
これらのストレッチやエクササイズは、徐々に行うようにし、
痛みが生じた場合はすぐに中断するか、医師に相談して
ください。
また、産後の個々の状態に合わせて調整することが
重要です。専門のリハビリテーションプロフェッショナルや
鍼灸師理学療法士などの専門家の指導を受けることも
おすすめです。

【骨盤矯正の効果とは?】

産後の骨盤矯正には、以下のような効果が

期待されます

 

姿勢の改善

妊娠中や出産時に変化した姿勢を修正し、正しい姿勢を

取り戻す助けになります。これにより、腰痛や肩こりなどの

不調が軽減される場合があります。

腰痛の緩和

妊娠や出産によって引き起こされる腰痛を軽減

するのに役立ちます。骨盤のバランスが整い、腰周りの筋肉の

負担が軽減されることで、腰痛が改善されることがあります。

骨盤底筋の強化

妊娠中や出産時に骨盤底筋が弱まることがありますが、

骨盤矯正を行うことでこれらの筋肉を強化し、尿漏れや

骨盤周辺の不調を改善することができます。

身体のバランスの改善

骨盤のバランスが整うことで、身体のバランスが改善されます。

これにより、歩行や日常生活の動作が安定し、怪我や転倒の

リスクが減少することがあります。

内臓のサポート

出産後、内臓が元の位置に戻るのに時間がかかることが

ありますが、骨盤矯正は内臓の位置をサポートし、正常な

機能を促進するのに役立ちます。

心理的な安定

骨盤のバランスが整うことで、身体的な不調や痛みが

緩和され、心理的な安定感が得られることがあります。

これにより、産後のストレスや不安が軽減されることが

期待されます。 

【産後・子育てママに必見!】

施術数1万人以上の整体師が作った、ママ専用骨盤ショーツ 

履くだけで細見え

グイっと骨盤引き上げ

ツンっと上向きヒップに。

 【産後・子育てママ専用骨盤ガードル】