【安すぎる危険アプリ?!】Temuとは?個人情報は大丈夫なの?

※本ページはプロモーションが含まれています

【TEMU】

Temuの読み方がいまだに分かりません…

Temuはいつ頃からあるサービスかと言うと、アメリカなどで提供が始まったのが2022年の9月です。日本では2023年の7月にサービスが始まりました。

PDDホールディングスという会社が運営をしていて、中国国内で3位くらいの規模の通販サイトです。

あるサイトでは、実際に日本語では何と読むのか?をカスタマーサービスに問い合わせてみると担当者から

「正式な読み方は、ティームーです」と言われたそうです。

そして"テムとも呼ばれていますが?”と尋ねると「どちらの読み方でも大丈夫です」と、ティームーでもテムでも、どちらも正しいというのが答えでした。

 

 

さらに調べてみると、

・Temuの公式サイトでは、日本語で「ティームー」と表記されています。

・アプリのストアページでも、「ティームー」と表記されています。

・ニュース記事やブログ記事でも、「ティームー」と表記されていることが多いです。

「ティームー」という読み方は、中国語の発音に忠実な読み方です。

ティームーとテムのどちらが正式な名称か?と言うと「ティームー」という読み方が正解でしょう。

友人同士などの会話ではテムという言い方のほうが、言いやすいかもしれません。

 

【TEMU】

 

記事の内容

 

◎Temuは個人情報の漏えいが心配…

Xではこんなポストがありました。

Temuというアプリで買い物するのは危険なのだろか。

 

値段が安すぎるということが理由なのか?個人情報が抜き取られているという、どこの情報なのか分かりませんがよくこの話が出てくると、初めて利用しようとしている人も不安な気持ちになるでしょう。

 

個人情報が抜き取られるという情報は、どこから出たのでしょうか?

実は、2023年。中国のセキュリティ企業の報告書により、Temuの運営もしているPDDホールディングスの別サービスの多多(ピンドゥオドゥオ)のアプリの中に、悪意のあるソフトウェアが仕込まれているという疑惑が浮上しました。

Googleは、拼多多(ピンドゥオドゥオ)アプリのプレイストアからの提供をストップします。

その後、拼多多(ピンドゥオドゥオ)はそのソフトウェアによって他のアプリのデータの閲覧や、アンインストールを防止することができたと報告しています。

つまり、Temuでそういうことがおこなわれていたというのではなく、同じ運営元の拼多多(ピンドゥオドゥオ)で、データを盗み見るという動きがあったということなのです。

 

ですが、同じところが運営しているのでTemuも怪しいんじゃない?!と疑われるようになったのです。

この「他のアプリのデータの閲覧」というのは何が目的か?と言うと、この人は他のアプリではどんな買い物をしているのだろう?というのを探るためで、個人情報というよりは他のライバル会社でどんなモノが買われているのか?を知るためでもあるのです。

 

それを不正に取得しようとしたのが問題になっているのです。

なので、この話を聞けば個人情報が抜き取られるというのは、また少し違う問題だというのがお分かりになったと思います。

 

Xではこんな意見も…

Temuっていう中華製を紹介している安いショッピングアプリ。

その会社が運営しているもう一つのアプリ(Temuの中国向け版)でマルウェアが見つかってGooglePlay Storeから削除されている。そのマルウェアは位置情報を探知したり、本体の情報を抜いたり、設定を変えたりするもの。

Temuではまだだけど危険

 

ただ、どんなショッピング系アプリでも、あなたの個人情報は間違いなく保護されています。と言われても、それが本当なのか?また、どんな大手の会社であっても個人情報が流出したというニュースを、何度も目にした人も多いでしょう。

これらから考えると、利用する会社を信頼するかしないか?は、使う人自身の問題にもなってくるのです。

 

※こちらの動画を参考に記事を書いています。

【『Temu』って危険なの!?】話題の"激安通販"の「正体」と「注意点」を徹底解説!実際に買い物もしてみたところ…|ずんだもんと学ぶ「激安商品」の実態 No.55 

 

Xの意見では…

TemuやSHEINなどの中華系アプリは危険だってよく聞くけど実際どうなんだろう…?フォロワーさんで使ってる方いるかな??

 

漠然とTemuに不安を覚える人が多いみたい…

 

 

◎Temuは危険なアプリ?詐欺なの?

個人情報の漏えいの問題と同じように、高そうな財布が191円などと表記された広告を目にした人も多いTemuですから、値段の安さで注目をさせて個人情報を抜き取ろうとしているのかも…と心配するかもしれません。

ただ、さきほどの財布の話ではアプリ新規ユーザー限定というものなので、まずは使ってみてくださいというTemuからのプレゼントだと思っていいでしょう。

この値段で毎回買えるとしたら、それは当然怪しいでしょう…

 

 

では、この詐欺という文字をよく見かける理由として考えられるのは、日本でよくCMなどで見かけるブランドがないというところが理由でもあるでしょう。

この心理は、コンビニやスーパなどで見かけるプライベート商品(PB)と似ているかもしれません。

いまでこそ信頼して買えるプライベートブランドの商品ですが、商品が出だした頃はこれ、どこが作ってるんだ?!と、手に取らなかった時と同じではないでしょうか?

 

そして、ある有名なブランドの商品が激安だったから買ったら、偽物だった…というのが詐欺と言われる理由かもしれません。

中国などは日本よりも有名ブランドのコピー商品にたいして、厳格に取り締まっていないせいなのか?アリエクスプレスなどの通販サイトを見ていても、かなり安い金額でコピー商品が売られています。

初めて海外の通販サイトを利用される方は「こんな激安で買えるの?!」と思ってしまうかもしれません。

どの通販サイトでも同じですが有名ブランドが激安で買えるという時点で、偽物と判断するべきです。

 

 

ですが、それを本物と信じてしまう人もいるので詐欺だと断定してしまうのでしょう。

こういったコピー商品は、偽物でもいいから欲しいというお客さんに向けて作っているものなのです。

TemuのHPの画面にはこのような文章が載っています。Temuが激安な値段で買えるアプリと言われるのを利用して、悪意のある人間が不正な請求などをしたりしているのかもしれません。

不審な点がある場合はTemuにお問い合わせくださいとありますので、危険なアプリと思う人は問いあわせて確認すると良いでしょう。

 

そして、品質が悪いという話もよく聞かれます。

私がアリエクスプレスを利用していて思ったのは、ワイヤレスイヤホンやマウスなど、ガジェットと呼ばれる商品に関しては、品質に問題はありませんでした。

イヤホンなどで100円以下で買えるようなものに関しては、100均よりも音が悪かったりしますが、基本的には割安で良いものが買えたという印象のほうが多いです。

ただし服に関しては高品質のユニクロや、安いGUなどを利用している人だと質の悪さは確かに目立つ印象です。

これはSHEINで服を購入した人が、よ~く見ると質の悪さを感じてしまうのと同じでしょう。

服に関しては、日本のメーカーのほうが圧倒的に質の良さを感じます。

質よりも値段を重視という場合は、Temuで服を購入するのをおすすめします。

 

Xのポストには…

Temuって通販サイト、安いし使いやすいし最高。初見時は詐欺サイトだとばかり思ってましたが2月末から計5回注文してどれも5日以内に届いてる。サイトの利便性安心度はAmazonより格段に上

 

という意見も。

 

◎PCI DSSを知っていますか?

上の写真の中に、Temuは、PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)従い、カード情報を取り扱っています

という表記があるのが分かると思いますが、これが何かご存知でしょうか?

加盟店やサービスプロバイダにおいて、クレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的として策定された、クレジットカード業界のセキュリティ基準です。

Payment Card Industry Data Security Standardの頭文字をとったもので、国際カードブランド5社(American Express、Discover、JCB、MasterCard、VISA)が共同で設立したPCI SSC(Payment Card Industry Security Standards Council)によって運用、管理されています。 

 

元々は各国際カードブランドが独自に運用していたリスク管理プログラムがあり、加盟店は各ブランドの求める要求に応える必要がありました。

しかし、ひとつの加盟店で複数のカードが使える仕組み(マルチアクワイヤリング)が一般的な現在、各ブランドの要求に対応しなくてはならない加盟店にとっては、非常に大きな負荷とならざるを得ない状況だったわけです。

その状況とは裏腹に、インターネットの普及に合わせ、国境を隔てたネット決済の普及とともに、極めて大規模なクレジットカード被害も世界規模で発生するようになり、ICカードによるカード偽造防止や対面取引における暗証番号での本人確認ではますます不十分となってきました。

ここで、加盟店のリスクとコストに対応できる仕組みを作るべく、国際カードブランド5社が手を合わせ、世界的に統一されたクレジットカード情報保護のためのセキュリティ対策フレームワークができる流れとなりました…

 

長くて良く分からない…という人もいるかもしれませんが、カンタンに言えばTemuはPCI DSS従い、カード情報を取り扱っていますから安全ですよということです。

 

PCI DSSに関する文章は、こちらの記事を参考にしています。

PCIDSSとは|日本カード情報セキュリティ協議会

 

Xでは…

たまに名前を聞いて気になってたTemuを騙されたらのつもりで注文。1週間以内に届くと思ってなかったので、すっかり忘れてました笑

梱包が不器用な外国人がされたのかなと思うくらいテープぐるぐるだったけど中身は無事使えそうなので一安心。

 

【TEMU】

 

◎中国生まれの方にTemuについて聞いてみた!

中国で生まれ人生の半分を中国で過ごしてきた方が、Temuについてブログを書いていたので見てみましょう♪

 

●今回は、中国で生まれ米国で破竹の勢いで成長し、つい先日日本にも上陸したECアプリTemuについて、中国で生まれ人生の半分を中国で過ごしてきた私の考察を紹介したいと思います。

日本で「PayPay」をはじめとするキャッシュレス決済が流行したのは2019年。

実は、中国ではすでにその5年前から「Alipay」や「WechatPay」が流行し、キャッシュレス化が進んでいました。
このように、中国のテクノロジー事情は日本の少し先の未来を歩んでおり、国民性等の違いにより事情は少し異なりながらも、中国の最新状況を覗いてみることで日本の数年先を垣間見れるような気がしており、私は日々考察をしています。

中国の事情の中でも、私が特に気になるのは、我々が運営する「カウシェ」の領域でもあるオンラインショッピング、いわゆるEコマース(以下、EC)領域について。

今回取り上げる「Temu」は、中国で3番目に規模の大きいECである「拼多多」(読み:Pinduoduo)を傘下に抱えるPDDホールディングスが新たに世界展開を目指して開始したサービスです。(※なお、Pinduoduo
は、カウシェがシェア買いサービスを開始するにあたり着想を得たサービスでもあります。)

 

「中国発、米国人気サービス「Temu」とは」

2022年9月に米国でサービスを開始した中国発の越境ECサービス「Temu」。

2023年2月には、「Shop Like A Billionaire (億万長者のように買い物しよう)」をメッセージとして、アメリカ最大のスポーツイベント・スーパーボウルに約1400万ドル(約18億9000万円)かけた広告を出し知名度を上げ、2023年3月までの累計ダウンロード数は5000万を突破
2023年2月にはカナダ、3月にオーストラリアとニュージーランドでサービスを開始。現在では22カ国にまでその勢力を伸ばし、7月2日にはひっそりと日本でもサービス提供を開始しました。

これほどまでに多くの国で短期間でユーザー数を伸ばした理由は、商品の驚くほど安い価格にあります。

Temuで取り扱う衣服、化粧品、家具、小物等の商品は中国からの輸出品であり、Amazonや他ECと比べて配送に時間こそかかるものの、低価格で商品を手に入れたいユーザーに受け入れられているのが現状です。

昨年、Z世代を中心に爆発的ヒットとなった中国発の格安ネット通販「SHEIN」と同様、低価格を武器にTemuも日本において大きな注目を集めるだろうと、私も感じています。
メディア「36Kr」によると、Temuの勢いはSHEINを脅かすほどで、Bloomberg Second Measureが数十億件のクレジットカードとデビットカードの取引記録を分析したところ、米国人が5月中にTemuに支払った金額はすでにSHEINより20%近く多かったとの報道まで流れています。

 

【TEMU】

 

「Temuのビジネスモデル、安さの実現のために、ここまでする」

Temuのモデルは「完全なる安さの実現」を目指した自社管理型です。

Amazonや楽天と違い、出店者ではなくTemuが販売価格を設定し、マーケティング・顧客獲得・フルフィルメントまでを行い、サプライヤーである加盟店は商品を倉庫に準備するだけで、米国等をはじめとする海外消費者への販売を可能にしています。

なお、消費者が驚くほどの安価な販売価格を実現するため、中間業者を徹底的に省き、Temuは生産工場と直接取引をおこなっています。

また、サービスの急拡大を狙い、加盟店にも恩恵を受けさせることを目的とし、現時点での加盟店の手数料と保証金は0円。Temuの持つ広州の倉庫に配送するための物流コストでさえ半分をTemuが負担しています。(2022年12月まではTemuが100%負担)

これだけにとどまらず、低価格を完全実現するためにTemuには価格を監査する独自のシステムがあるとのこと。

Temu上の販売者の価格が類似商品の価格より高い場合は、Temuは加盟店に再見積もりを依頼する仕組みになっていると中国現地では報道されています。

 

「低価格実現のためリリースした、新機能「入札モデル」の開始」

また最近Temuは加盟店に対し、定期的に商品の入札を依頼する「入札モデル機能」を開始したと言われています。

この機能は、加盟店は決められた入札時間以内に価格の提示とサンプルの送付を行わないと、商品のTemu上での販売ができなくなる可能性があるというもの。

入札は、1週間に1度と高頻度で行われており、その入札に出された商品の中で、低価格帯の商品のみがTemu上で販売することができると予想されています。

なお、たとえその週に最安値で勝ったとしても、来週入札で、他の加盟店がより安い価格を提示した場合、商品は販売停止となり返品されるという可能性もあるらしく、他より安い金額を出さないと商品の販売の土台にさえ乗ることができないし、たとえ販売開始したとしても競合に負けたら一旦詰んでしまった在庫はどうなるのか...加盟店側の立場を考えると、非常にどきっとする機能です。

そこまでして低価格のプレッシャーを加盟店に与えるTemuのやり方は、日本にはないものを感じます。

ちなみにTemuは、「Team Up, Price Down(一緒に買うと安くなる)」を意味して名付けられた言葉。

「一緒に買う」と聞くと、シェア買いや共同購入を想定されるかもしれませんが、どちらかというと「安くするために友達をアプリに招待しよう!」という意味が強いように感じます。

Temuのアプリを触っていると、「Invite Friends(友達招待)」の導線が多く、ネットゲーミフィケーションでサービスの拡散がされていくことを意識しているような気がします。米国版のTemuには「フリーギフトコーナー」と呼ばれるものがあり、ここから好きな商品を選び、配送情報などを入力します。

「これらの商品を無料でもらうためには友達5人招待しよう!」というポップアップにある通り、新たに自分の友人をお客さんとしてTemuに呼び込むことで、実際に商品が無料で送付される仕組みです。

このような機能をうまく使うことで、Temuはユーザー数を加速度的に伸ばしていっています。

 

「では、Temuは果たして儲かっているのか?」

儲けをみる前に、まずは一旦GMV(流通取引総額)から。
直近の数字でいうと、2023年4月では6億ドル、2023年5月6.35億ドルと順調に伸ばしていっていると言われており、今後は、ブラックフライデーの効果もあり、2023年中に年間GMV目標である100億米ドルを達成する見込みとも報道されています。

一方、一部の報道によるとSHEINのGMVは創業14年目の2022年で約300億ドルと、Temuの規模はSHEINには及ばないものの、成長の勢いはそれ以上であることがわかります。

しかしこれはあくまで流通取引総額。

儲けの部分はというと、実際には流通取引量が上がれば上がるほど、赤字を出している状態です。

とある中国での記事によると、Temuは米国市場に参入するために、1回の注文につき平均30ドルの損失を出しているとも言われています。

つまりは、全体で大赤字。
今は規模を拡大するためにあえて赤字で進めているとはいえ、どこかでユニットエコノミクスを合わせていく必要が生まれてきます。

 

「日本で、そして世界で成功するのか?」

これは、現在の私の見解だと五分五分ではないかと考えています。

まずは、うまくいくと思う方の理由から。

Temuの商品は安さを重視するあまり、日本人の求める高い品質には及ばないものが正直多いです。

しかし一定品質に問題があるといえども、同様に品質に若干問題を抱えるSHEINが少しずつ日本で受け入れられてきたように、やはり「安さは正義」で、ユーザーは段々と増えていき、また作り手側自身も繰り返し製品の製造販売を行うことで慣れていき、品質自体も段々と向上していくのではないかと思います。

日本ではリリース前から上記のようなTweetが出回っており、こういうネガティブな意見に対して、レピュテーションリスクを管理できるのか、それでも安さは裏切らないと思うお客様が多いのかも気になるところです。

一方、難しいのではないかと思う理由は、企業経営的な目線からのものです。

これは日本市場だけでなく、世界市場におけるものですが、先ほどもお話しした通りTemuは巨大な赤字排出企業。今後どうやってエコノミクスを合わせていくのかは未だ設計途中であると見受けられます。

今のビジネスモデルのままエコノミクスを合わせていくためには、(Temu側が割引をする必要がないほど)実際に安い商品をつくり、送料も安く届ける必要があります。

商品を中国から世界各国に届けるとなると、海外運輸や倉庫も関係してきます。

今後も投資を続けながら世界で競争力が持てる仕組みやパートナーの特定がある程度見えてきた時点で、Temuは商品を自社ブランド化していくのではないでしょうか。

そこが完成して初めて、費用回収を開始する体制が整う。

これはまさに、同じく圧倒的な安さを武器にするSHEINが今やっている方法です。

今の巨大な赤字は、サプライチェーンを作り上げるための投資金額で、これが出来上がって初めて利益を手にする。

Pinduoduoという巨大な親会社がいるからこそできる賭け方なのだと思います。

以上、現時点でのTemuに関する私の考察でした。

 

こちらの記事を参考にしています。

https://note.com/kauche/n/n877b519b4c84

 

【TEMU】

 

他にも利用された方の意見を聞いてみましょう♪

 

●Temu使ってみた。

 

Temuで、前から欲しかった商品を頼んでみました!

上記の写真が、私が頼んだ商品です。
Switchのカバーとキーホルダー、筆箱です。

結論からいいますと、大成功でした!

 

詐欺だったら、思っていたのと違うのが届いたら…と、不安になりますよね。

以前、私は別の通販サイトでフィッシング詐欺に遭いました…。なので私も凄く凄く凄く不安でした。

レビューで写真を確認し、決済方法は、クレジットカード決済ではなく、コンビニ決済にしました。

商品が届いて開ける瞬間(つい先程)まで、凄く不安でした。届くのかすらも、不安だったぐらいです笑

 

Temuって実際どうなの?

詐欺じゃないですし、普通の通販サイトです!!
SHEINと同じ感覚ですね。

あくまで私の考えですが、SHEINとTemuのざっくりとした違いは、まだ、「TemuがSHEINほど日本に浸透していない」という違いぐらいかなと思います。

Temuは、レビューに日本人が全然居ない…!
とはいえ、Tiktok、Xで流行っている商品のレビューでは、日本人も居るので使っている人は居ます。

SHEINと同じように、会社自体は普通の通販サイトだけれど、商品を出品している会社(購入されていない・実績がない)の1部は詐欺の可能性があります。

 

良い買い物をする為には?

結局、詐欺や思ったのと違うというのを避ける為には何のどこを見ればいいの?となる方が居られると思うので、Temuの実際の写真を載せると共に説明します。

画像
商品名の下に記載されているものです
(左から、購入された数・販売会社・ショップの評価)

信頼できる場合の商品です。
①購入された数が多い。
②他の商品も1.6万も購入されている。
③ショップの評価が高い!

詐欺や、思ったのと違うとなりやすい場合は、①②③と真逆のどの数字も少ない商品やショップ(販売者)ですね。

画像
商品詳細の下にあるものです
レビューと商品評価、ショップ評価

★4.6/5ということは相当評価のいい商品だということです!
レビューには、購入日時と星、選んだ商品(カラー)が載っています。

今回の画像にはありませんが、写真を載せている方もいます。翻訳も、してくれます。

レビューの下には、出品者(会社)のアイコン、名前、(ごめんなさい。私が白塗りしたので見えてません。)
商品評価、フォロワー、販売件数、出品している商品数が載っています。

以上のことから、Temuは、とても良心的なサイト・アプリ、写真の出品者も信頼できる方という事が、ご理解いただけると思います。

 

まとめ

・不安な人は、クレジットカード決済ではなく、コンビニ決済で!

・出品者の評価、レビューで評価、写真を見る!

▶︎レビューで写真が載ってない+購入者が少ない商品の購入は控えた方がいい。
詐欺や、思ったのと違う!となる確率が高いです。

 

こちらの記事を参考にしています。

https://note.com/good_life_coco/n/n326c80d07f7b

 

◎まとめ

Temuの記事を見ていると危険や詐欺という言葉が目に飛び込んでくるので、1度でも通販で失敗したり騙された経験がある方は、不安になってしまうでしょう。

これはTemuがまだ日本でのサービスを始めてから日が浅いという理由でもあります。

どんな通販サイトでも名前を聞いたことがないと不安になります。

Amazonが日本でのサービスを始めたばかりの頃も「アマゾンって何?!怪しくない?」と言われていたのです笑

私もTemuとおなじような海外の通販サイトである、アリエクスプレスを使い始めた頃は本当に届くのか?写真と全然違う商品が届くのかも…と心配していましたが、今ではすっかり常連になっています。

 

Xでは…

temuなかなか良いかも。

今まで海外の通販はろくなもん無かったwishなんか酷かった…

特に服関係は90%がっかりだったのがtemuは結構満足するものが来る😊しかも他より早いほぼ写真通りのものが来るので割と安心かな?

 

1度利用してしまうと、他のサイトの商品が高く感じてしまうほどです。

まずは少額の商品などを購入して試してみることをおすすめします♪

 

米人気No.1の総合EC!お探しのものが何でも見つかる【Temuティームー】

 

関連記事:

beatnix0001.hatenablog.com